整骨院について

整骨院や接骨院は柔道整復師という国家資格が必要となります。

定められた学校などで、3年以上学び十分な知識を得たうえで、国家試験に合格したのちに得ることが出来る資格です。

鍼灸院などと比べ保険の適用が認められています。

整骨院の『整骨』は『ほねつぎ』とも呼ばれており、打撲、脱臼などを昔からある専門的知識や手法により治療する伝統医療となります。

整骨院と接骨院の違い

整骨院と接骨院の違いは特にありません。

両方とも柔道整復師という国家資格を所有している人が治療を行います。

美容院、美容室みたいなイメージです。

美容院や美容室も同じ美容師の資格を持っているのと同じようなものです。

接骨院という言葉の響きより、整骨院の方が柔らかいイメージから整骨院という名称を利用されるところがあったりします。

また整骨院と整形外科医院の言葉が似ているので差別化するために接骨院と称するともされています。

整骨院や接骨院は何する場所?

整骨院や接骨院は筋肉や骨を主に取り扱います。

骨折や脱臼、捻挫、挫傷、打撲などが治療の対象となります。

足首や手首をひねってしまったり、肩が上がらなくなったり、腰に痛みがあったり、むち打ち、慢性的な肩こりなどが治療対象です。

バスケットやサッカー、野球、バレーボール、アメリカンフットボールなどの様なスポーツの怪我や、交通事故によるむち打ちなどの症状も対象です。

整骨院や接骨院と整体の違いは?

整骨院や接骨院は柔道整復師という国家資格が必要なのに対して、整体は民間資格なので専門知識が必要ありません。

また専門的な知識がなくても開業することが出来ます。

整骨院は痛みのある部位に対して低周波治療器などを用いて治療を行います。

それに対して整体は身体を支える骨盤や背骨を整えて、骨のずれを矯正します。

骨のずれを矯正することにより、肩や腰のコリ、疲労感を解消します。

その他にも血液の流れを良くすること自己治療能力を向上させたり、痛みのある部位の痛みを緩和させることが出来るとされいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です